男性、女性に関わらず、「痩せたい部分は」と聞かれた人の多くは「お腹」と答えるのではないでしょうか。ぽっこり突き出た下腹のために、スカートやズボンが入らなかったりお風呂で自分の体型に落ち込んだり…。

特に最近は、メタボリックシンドロームを気にされている方も多いと思います。お腹痩せのために腹筋運動をしたり、ジョギングなどの有酸素運動を生活に取り入れたりしても、何故かお腹はへこまずに、自分の気持ちがへこんでしまう。

そんな経験をされた方はいらっしゃいませんか?実は、お腹痩せのためには激しい運動や腹筋では効果が出ないことが多いのです。なぜかと言うと、お腹をへこませるために「鍛えるべき筋肉」が使えてないことが理由です。

そもそも、下腹がぽっこりしてしまうのは、お腹の筋肉が衰えて、胃や腸などを支える力が弱り、内臓が下に下がってしまうためです。本来よりも下に落ちてしまった胃や腸が、突き出た下腹として現れるのです。また、お腹に脂肪が付くと、その重みでますます筋肉が衰え、どんどん下腹がぽっこり突き出てしまいます。

これを解消するには、お腹の「内側」の筋肉を鍛える必要があります。腹筋やジョギングではお腹の「外側」の筋肉しか鍛えることができず、内臓を支えるための「内側」の筋肉はたるんだままなのでなかなかお腹痩せにつながりません。

そこで、今からでもできるとても簡単なお腹痩せの方法を紹介します。それは「いつも背筋を伸ばして、お腹をへこませる」ことです。「そんなことで?」と思われた方、今その場で立ち上がり、お腹をへこませて1分間その姿勢を保ってみてください。

慣れていない人はかなり苦しくなると思います。そのままの状態で少し歩いてみると、さらにその大変さが分かるでしょう。しばらくお腹をへこませていると、だんだんと背中や腰の筋肉が疲れてくるのが実感できるでしょう。

お腹をへこませるために、実は全身の筋肉を使っているのです。もちろん、内臓を支えるお腹の内側の筋肉も同時に鍛えられています。そして、意識していつもお腹をへこませていると、そのうちその状態が自然になってきます。

頑張ってへこませたサイズが、通常の自分のウエストサイズになるわけです。これは、筋肉の形状記憶作用によるものです。筋肉は拡張・収縮された状態が続くと、自然にその方向へ向かうことを記憶します。

つまり、常にお腹をへこませておくことで、お腹の筋肉にその形状を覚えさせるのです。最初は少し苦しいかもしれませんが、背筋を伸ばしてお腹をへこませることを習慣にして生活してみてください。いつの間にか、無意識のうちにお腹がへこんでいることに気が付くでしょう。