外食は油や調味料をたくさん使っているものが多いので、ダイエット中はなるべく自宅で食事を作りたいものです。自炊の最大の利点は自分で油や砂糖の量を調節できることです。

しかし、焼き料理や炒め料理などを作る際には、食材を柔らかくするため、焦げ付かせないようにするためにどうしても油が必要になってきます。

油分を控えると美味しくなくなり結局ダイエットが長続きしない原因にもなります。そこで活躍するのが電子レンジです。

電子レンジを上手に活用すれば、油の量をぐっと減らしてヘルシーな料理が簡単に作れます。

例えば、ビタミンたっぷりの野菜炒め。これをフライパンで一から作ろうとすると、にんじんなど火の通りにくい野菜を柔らかくするためには炒める時間を長くするしかなく、その分焦げ付きやすくなるため、油を使ってそれを防ぐことになります。

ところが、切った野菜にラップをかけて電子レンジで1分間加熱するだけで驚くほど柔らかく。炒める時間も短く済み、使う油の量も減らすことができます。

また、電子レンジを使えば水溶性のビタミンが壊れないため、美容と健康の両方に役立ちます。他にも、玉子焼きを作るときにも電子レンジは大活躍。

調味料を入れた溶き卵を耐熱容器に入れ、レンジにかけます。その後、固まった卵の形を整えれば、フライパンで作るのと同じ立派な玉子焼きの完成です。

油をほとんど使わない蒸し料理を作りたいと思っても、時間がないので難しい…という人にもおすすめです。

食材を耐熱容器に盛り付けてラップをかけ、ラップに爪楊枝などで小さな穴を開けてレンジにかければ蒸し器で時間をかける料理もとてもお手軽に作ることができます。ひとつのお皿に全ての食材を入れて調理することができるため、一皿食べきれば水に流れ出した栄養素も残さず摂ることができて効率的。

忙しくて時間のない人、ヘルシー料理に挑戦したい人、電子レンジを使ったダイエットレシピはウェブ上でもたくさん公開されていますので、ぜひ一度検索してみてください。電子レンジを味方に付けて、簡単ヘルシーなダイエット料理にチャレンジしてください。