仕事柄、たくさんのご家庭に足を運ぶ事があります。一見綺麗なお宅でも、トイレを借りる時にあまりの汚さに驚く事があります。

まず、掃除好きな人のお宅は、本当にすみずみまで綺麗にしていて、トイレも階段の隅も綺麗です。庭いじりにもこだわっている人が多い気がします。

一方、掃除が嫌いな人は人目につくところだけを掃除し、トイレや階段は綿埃だらけ。

前者の掃除好きな方々は、女性でも筋肉質の方が多く、後者の掃除に手を抜いている人は太っている方が多いと感じます。

つまり、掃除好きな人は掃除がエクササイズになっているという事です。これに気付いたのは、私が一軒家に住み始めてです。

一軒家はアパートなどに比べて部屋数が多く、掃除が大変です。しかし、自分で購入した家なのできれいに保ちたいですし、ホームパーティーをするためにたくさんの人を呼びたい。

そうなると、大変な掃除は必須です。外回りも手入れしないといけませんし、私は毎日毎日掃除をしています。

そんな生活を続けていると、歩数計の示す歩数がそれ以前の何倍も多くなっているのです。汗もたくさんかきますし、掃除は最高のエクササイズです。ジムに行かなくても運動出来ますし、部屋は綺麗になって気持ちが良いです。

運動が嫌いな人は是非掃除をしてほしいと思います。掃除機かけだけでなく、雑巾がけもしましょう。雑巾がけはかなり腕の筋肉を使います。

そんなに部屋数が無いという人は天井や窓など隅々まで掃除しましょう。部屋が少なくても隅々掃除をするのはかなりの体力を使います。

日常の動作をいかにエクササイズに変換できるかが、消費エネルギーに関わってくると思います。痩せている人は痩せている理由がありますし、太っている人には太っている理由があります。

テレビで見る潔癖症の人の多くは痩せていますし、片付けられない人の多くは太っています。これは日常の動作をエクササイズに出来ているか出来ていないかの違いの様な気がします。

ダイエットをするのにわざわざ外に出なくても良いのです。運動は外でするものだけではありません。むしろ中でする事の方がお金もかかりませんし、天気に左右されなくて続けやすいです。

もちろん、ジムなどで出会った仲間と切磋琢磨し合う事も大切なので、それは人それぞれです。とにかく、一定期間はダイエットを続けて、自分に合ったダイエットを見つけていきましょう。