私にはダイエットをする上で必需品があります。それは、体重計、電子スケール、歩数計、ダイエットノートです。

人によって、ダイエットの方法は違うので、ダイエットグッズも異なりますが、上記の物はあると大変便利です。

また、お気に入りのウェアやスニーカーなどがあると、ダイエットにやる気も出ると思います。

今まで様々なタイプの体重計を使ってきましたが、一番良いのは、「体重、体脂肪率、体年齢」が分かる物です。

今は、体重よりも見た目重視なので、体重の変化で一喜一憂しないようにしています。体重が増えていても、体脂肪率が減っていれば、筋肉が付いた証拠かもしれません。筋肉は脂肪よりも重いですから、筋肉が付き始めると体重が増えます。

電子スケールは、簡単に言えば「デジタルのはかり」です。これは、料理の時にももちろん便利なのですがダイエット中にも大いに役立ちます。

例えば、親切でない食品表示では、内容量が250グラムなのに栄養成分表には「100g ○kcal」などという物があります。こんな書き方をされてしまっては、「250gだったら○kcal」と計算し直さなければなりませんし、感覚だけで100グラムだけを食べるのは難しい事です。

そういった時に電子スケールがあれば、自分がどれだけ食べたのか、どれだけ食べようとしているのかを理解する事が出来るのです。

歩数計は本当に重要なアイテムです。歩数計を身に付け始めてから、初めて、1日1万歩歩く事の難しさを知りました。歩数計によってどのくらいの時間を歩いたかも知る事が出来ます。

私の場合、「120歩=1分」で計算しています。

ダイエットノートはやる気を持続させるためです。たくさん書き込むのも良いですが、見返す時に見にくくなる可能性もあります。

私も最初の方は、たくさんその時の感情までも書いていました。しかし、数年後に見返すと見にくかったのです。時間がある時は、そのたくさんの感情表現をいちいち見て、励まされていました。

今の私は、過去の体重データだけを知りたいので、必要最小限のデータだけを書くようにしています。体重だけ見ても「この時頑張っていたな。この時は緩んでたな。この時は、頑張ってたのに停滞期だったな。」と感じる事が出来ます。

一番いいのは、自分に合った方法で、ダイエットを長続きさせる事です。小学生の頃のように、体重が減ったらご褒美シールを貼るなどといったルールを作っても楽しいと思います。